カテゴリー

無料ブログはココログ

« クリスタルクルーズ クリスタルハーモニー 復刻2007 12 13 | トップページ | 船内レストランおすすめメニュー 関釜フェリー はまゆう ビビンバ定食 復刻2007 12 31 »

東海汽船 橘丸 (3代) 2014年新造 船体塗装デザイン&船名決まる

東海汽船 橘丸 (3代) 2014年新造 船体塗装デザイン&船名決まる
 
 
 
 

Photo  橘丸 2014年6月新造


同社名誉船長の柳原良平画伯が 「船名」 「船体塗装デザイン」 を手掛ける
   船名 → 橘丸 は3代となる
   配色 → 黄土色とオリーブ色のツートンカラー
           黄土色は2代橘丸の竣工時の配色
 
竣工 → 2014年 (平成26年) 6月予定
建造所 → 三菱下関

就航予定航路 → 八丈島航路 (東京~三宅島~御蔵島~八丈島)
位置づけ → かめりあ丸の代替
 
主要目
 総トン数 : 5700トン
 全長 : 118m 型幅 : 17m 
 主機関 : ディーゼル 1基 4350kw
 航海速力 : 19ノット
 旅客定員 : 近海600名 沿海1000名
 建造船価 : 51億円
  
  
初代 橘丸 392トン 1923年 (大正12年) 大阪鐡工所 桜島
2代 橘丸 1780トン 1935年 (昭和10年) 三菱重工業 神戸  
  
  
  
 
 
 
 

« クリスタルクルーズ クリスタルハーモニー 復刻2007 12 13 | トップページ | 船内レストランおすすめメニュー 関釜フェリー はまゆう ビビンバ定食 復刻2007 12 31 »

東海汽船 橘丸 (3代) 2014年新造」カテゴリの記事

コメント

残念です・・・。このカラーリングとネーミングの新造船が夜の竹芝桟橋に横付けされる姿を想像できません。時代や航路のイメージに即したカラーリング、ネーミングにすべきです。公募などが方法はいくらでもあるはずです。

柳原良平画伯が名誉船長を務める船社は東海汽船のみならず、佐渡汽船、商船三井客船、太平洋フェリーにも及んでいます。
複数社の名誉船長兼務に異論の余地があります。

船体塗装デザインや命名の評価にも、前例の 「アルバトロス」 「夢」 「虹」 「愛」 に賛否両論いろいろとありました。
概して賛成、反対何れもありますね。

ただ東海汽船は旅客船を僅か2隻しか所有しなくなったので、命名方式の統一性や整合性などとしたことは、考える必要もなくなったので、黙って見守りましょうか。

間違っても拍手を贈れるような命名、船体塗装デザインでないことは確かです。
 

私は、今年、定年になりまして、実家の仙台に戻り、Life Workとしてフィリピンに、売却された元日本のフェリー、貨客船などを研究しています。1994年くらいからフィリピンに、船の写真を撮ったり乗船する為に通っています。現在は、パンダミックの件で渡航できませんが。

将来的には、フィリピンに、売却された約3000隻の船の全ては無理ですが、竣工からスクラップまで網羅していく予定です。

併せて船の模型も製作していく予定ています。

管理人さまは、昔の船のパンフレットや、キャビンプランなどお持ちのようですので、恐縮ですが、下記船につきまして、助けていただけましたら幸いです。既に船会社などに問い合わせましたが、保管されていませんでした。

1. 興南丸(1959年竣工、照国郵船)

2.八坂丸(1960年竣工、照国郵船

3. はいびすかす(1970年竣工、照国郵船)

4. おくどうご(1973年竣工、愛媛阪神フェリー)

5. おくどうご2(1974年竣工、愛媛阪神フェリー)

6. ほわいとさんぽう(1972年竣工、三宝海運)

7. ひかり(1972年竣工、大島運輸)

8. 神戸丸(1974年竣工、大島運輸)

9. 宮古丸(1959年竣工、RKK)

10. おきなわ丸(1973年竣工、RKK)

11. 沖縄丸(1956年竣工、RKK)

12. とうきょう丸(1969年竣工、RKK)

13. フェリー屋久島(1970年竣工、折田汽船)

14. 楓丸(1957年竣工、九州商船)

15. 八汐丸(1958年竣工、有村産業)

16. 玉龍(1975年竣工、有村産業)

17. びいなす(1974年竣工、有村産業)

18. フェリールビー(1970年竣工、ダイヤモンドフェリー)

19. 第二十四阪九、第三十二阪九(1976年竣工、阪九フェリー)

20. はぴねす(1960年竣工、加藤汽船)

21. 宇和海(1973年竣工、四国海運)

22. さえき(1974年竣工、宿毛観光汽船)

23. たんしゅう丸(1967年竣工、関西汽船)

以上になります。全てフィリピンに、売却されています。

本当に恐縮ですが、絵葉書、パンフレット、写真などなんでも構いませんのでどうかご多忙の中、今一度、お時間を頂きたく宜しくお願い致します。

世界中ぎ、パンデミックで大変な最中、恐縮です。

どうか宜しくお願い致します。

この記事へのコメントは終了しました。

« クリスタルクルーズ クリスタルハーモニー 復刻2007 12 13 | トップページ | 船内レストランおすすめメニュー 関釜フェリー はまゆう ビビンバ定食 復刻2007 12 31 »